Field of Dreams

レッドシャークスは東村山市少年野球連盟に所属する少年野球チームです。
創部以来「元気に楽しい子供たち」をモットーに日々練習に励んでいます。


&監督の日々のつぶやき

負けても笑顔

8日の日南学園VS丸亀城西の事が、記事になっていたので引用します。


8日の第1試合で日南学園(宮崎)と戦った丸亀城西(香川)のエース、大前輝明君(3年)は2失点に抑える粘りの投球を見せた。


丸亀城西は昨秋や今春の試合で終盤に粘れずに負け、浮き沈みが激しいチームだった。河本(かわもと)浩二監督(51)はぶれない心を培おうと、グラウンドにスピーカーを置いた。試合では指示の声が歓声に消され、いつも通りにいかない。そこでノックや実戦練習のときに甲子園の実際の応援の吹奏楽や歓声を大音量で流した。

 さらに投手陣には「相手スタンドからの声援も自分への応援と思え」「笑顔で投げられる人は強い」と言い聞かせた。今夏の香川大会全5試合に登板した大前君は、周囲が驚くほど笑顔を見せるようになった。

 「課題だった終盤の粘り、諦めない姿勢が強くなり、チームは変わった」と主将の福田直人君(3年)。香川大会決勝では六回に2―4から逆転に成功し、13年ぶりの甲子園の切符をつかんだ。


 そうした経験を重ねてたどり着いた甲子園。試合は0―2で負けたが、大前君は「ピンチでは『笑顔』『笑顔』と自分に言い聞かせた」と振り返った。福田君は「最高の思い出ができた」と汗をぬぐった。河本監督は「なかなか勝てないと言われたチームが夏に生まれ変わった。甲子園に連れてきてもらって感謝しています」とねぎらった。


と書かれていました。


やっぱり笑顔が大事ですね、笑顔を見せて緊張する子はいないです。


負けても笑顔を見せる姿は清々しいですね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。