Field of Dreams

レッドシャークスは東村山市少年野球連盟に所属する少年野球チームです。
創部以来「元気に楽しい子供たち」をモットーに日々練習に励んでいます。


&監督の日々のつぶやき

ミルクプロテイン🥛の可能性

カラダ作りに励むジュニアアスリートにとって、タンパク質は重要な栄養素です。


中でも近年注目されているのが、牛乳・乳製品き含まれているミルクプロテインだそうです。


消化吸収が早い良質なタンパク質として知られています。



6月2日、北海道 白樺学園高校の運動部生徒を対象に実施されたミルクプロテインの継続摂取の検証結果が報告されました。


調査の方法は、学生を2つのグループに分け、片方にはミルクプロテイン飲料を、一方にはほぼ同じカロリーの糖質飲料を1日2本、12週間摂取するというもの。


前後に体力測定をして、その結果はグラフの通り、体力向上にミルクプロテインの継続摂取が非常に貢献しているという結果が得られました。



免疫力向上や筋力トレーニングに必要というだけでなく、美味しさと手軽さを兼ね備えて、試合が多いこの時期のコンディションには最適ですね。



コンビニで150円で売ってます。

調子の波

「いつものプレーができなかった」


「思うようなものピッチングができなかった」


なぜ普段通りのプレーができないのでしょう。

元オリックスバファローズの榊原選手がこう言ってます。


「調子の波が出るのは日ごろの生活で、やったり、やらなかったりの波があるから。


素振りをしたり、しなかったり。


10本のダッシュを全て一緒懸命やるのか、どこかで手を抜いてしまうのか。人間に波があるから、調子に波が出てくるのだと・・・」


チームでは挨拶が出来るのに、学校や家では出来ない。


野球ノートを書いたり、書かなかったり。

(最近書いていないのに提出する選手がいますが・・・)


時と場合によって行動を変える、態度を変えるということは、そこに芯がない事を意味しますね。


榊原選手いわく、


「日ごろから波を作らない生活を送っていれば、試合に生かされるはず」


「いつものプレーができなかった」理由を、もう一度日常の生活から見直してみよう。


言いかえれば「いつものプレーができない」という事が今の実力です。



野球名言集


不器用な人間は苦労するけど、

徹してやれば

器用な人間より不器用な方が、

最後は勝つよ。


野村克也

新人戦の結果

第35回東京都学童軟式野球大会 新人戦大会 

2回戦


VS東野球部0-10敗退😭😭😭


Pハルキ→セイマ Cピー


慣れないマウンド、独特の緊張感。

投手陣はランナーを背負い、プレッシャーを感じながらの投球でした。


慣れるには、やはり10試合ぐらい必要ですかね〜


でも、投手陣が慣れてくれば充分戦えますよ😤😤😤


ただ、今日の敗戦を忘れてはいけません。

今日の涙を忘れてはいけませんよ。😰😰😰


少しずつのレベルアップ⤴️を

皆んなに期待します。



(大量得点した後の試合は、大体打てないんだよな〜)