Field of Dreams

レッドシャークスは東村山市少年野球連盟に所属する少年野球チームです。
創部以来「元気に楽しい子供たち」をモットーに日々練習に励んでいます。


&監督の日々のつぶやき

権利と義務

『Number』という雑誌を見ていたら、アナハイムエンゼルスの大谷翔平選手の記事に目が止まりました。


一番好きな言葉は何?」という質問に大谷選手は「今、思いつくのは 権利と義務ですかね」と答えます。思いがけないカタイ言葉に戸惑いながらインタビュアーが質問していくと、花巻東高校の佐々木監督から教えられた言葉だと言います。


花巻東高校では、佐々木監督が入学するとまずこの話をされるそうです。



以下引用します。


「権利と義務」とは、試合に出ている選手は全ての部員を代表しているという価値観から派生している。スタンドで応援しているのはベンチに入れなかった部員たちだ。

そしてベンチにも試合に出られない選手がいる。100人を超える部員の中で、甲子園ならベンチに入れるのは19人。試合に出られるのは9人。グラウンドに立たなければ、選手は全力疾走することさえできない。

その出られない部員達にも、応援してくれている家族がいます。



大谷選手の説明は続きます。


バッターが打ってボールがグラウンドに転がった時、初めてバッターに一塁まで全力で走る権利が生まれる。…中略… こうして目に見える形で果たさないと(走ることのできない人に対する義務は)伝わらないと監督からはよく言われました。


「今日はやりたくないな」と思う日であっても、何かそういう言葉が一個、ポンとあるだけで違ってきます。「自分がやらなきゃ」って思えたり、「こういう環境があってこそできるんだから」と思える。そう考えれば、どんな場面でも正しく振る舞えるのかなと思います。


大谷選手が1塁まで全力疾走するのには、こういう理由があったのですね。


シャークスの選手も参考になりますね。


そこに責任が生まれます。

自分がやらなくてはと・・・

負けても笑顔

8日の日南学園VS丸亀城西の事が、記事になっていたので引用します。


8日の第1試合で日南学園(宮崎)と戦った丸亀城西(香川)のエース、大前輝明君(3年)は2失点に抑える粘りの投球を見せた。


丸亀城西は昨秋や今春の試合で終盤に粘れずに負け、浮き沈みが激しいチームだった。河本(かわもと)浩二監督(51)はぶれない心を培おうと、グラウンドにスピーカーを置いた。試合では指示の声が歓声に消され、いつも通りにいかない。そこでノックや実戦練習のときに甲子園の実際の応援の吹奏楽や歓声を大音量で流した。

 さらに投手陣には「相手スタンドからの声援も自分への応援と思え」「笑顔で投げられる人は強い」と言い聞かせた。今夏の香川大会全5試合に登板した大前君は、周囲が驚くほど笑顔を見せるようになった。

 「課題だった終盤の粘り、諦めない姿勢が強くなり、チームは変わった」と主将の福田直人君(3年)。香川大会決勝では六回に2―4から逆転に成功し、13年ぶりの甲子園の切符をつかんだ。


 そうした経験を重ねてたどり着いた甲子園。試合は0―2で負けたが、大前君は「ピンチでは『笑顔』『笑顔』と自分に言い聞かせた」と振り返った。福田君は「最高の思い出ができた」と汗をぬぐった。河本監督は「なかなか勝てないと言われたチームが夏に生まれ変わった。甲子園に連れてきてもらって感謝しています」とねぎらった。


と書かれていました。


やっぱり笑顔が大事ですね、笑顔を見せて緊張する子はいないです。


負けても笑顔を見せる姿は清々しいですね。


世界ソフトが面白い

甲子園も始まりましたが、千葉県で世界ソフトボール選手権をやっています。


東京オリンピックの予選も兼ねているようです。


東京オリンピックで野球とソフトボールが復活しましたからね⚾️⚾️⚾️


嫁と毎日のようにテレビに注目しています。

ルールも野球と若干違い面白いです。


上野由岐子投手って、まだやってたんですね〜

今年で何才ですかね?


北京オリンピックで優勝した時より、強くなっているような気がしますね。


特にバッティングが良くなっている気がします。



ソフトボールのマウントからホームベースまでは、13.11mです。そこから2メートル余り踏み込んでほぼ11mの距離から120キロのボールが来るんですから、 バッターは、ほぼノーステップですね。

見応えがあります。



オリンピックの前哨戦です。


しかし、なんで中畑清さんが解説をしているのでしょう?



世界ソフト 第2戦 ボツワナ戦 ホームラン集