Field of Dreams

レッドシャークスは東村山市少年野球連盟に所属する少年野球チームです。
創部以来「元気に楽しい子供たち」をモットーに日々練習に励んでいます。


&監督の日々のつぶやき

ピンチの裏側

神様は決して

ピンチだけをお与えにならない


ピンチの裏側に必ず

ピンチと同じ大きさのチャンスを

用意して下さっている


愚痴をこぼしたり

やけを起こすと

チャンスを見つける目が曇り

ピンチを切り抜けるエネルギーさえ

失せてしまう


ピンチはチャンス

どっしりかまえて

ピンチの裏側に用意されている

チャンスを見つけよう


佐賀北高校野球部 部訓



2007年 夏の甲子園に出場した佐賀北高校の優勝は今でも鮮烈に記憶しています。


グランドはサッカー部と共用、1日の練習時間は3時間。地元出身の選手が集う普通の県立高校が決勝戦で広陵相手に、8回裏1対4の劣勢から満塁ホームランで逆転して真紅の優勝旗を手にしました。


球場全体が佐賀北の逆転を望む応援。

審判までもが、佐賀北よりのジャッジ。

広陵は可哀想だなぁと思って見てました。

それを差し引いても佐賀北あっぱれ😃😃😃



ちなみにこの時の広陵バッテリーは、広島の野村選手と巨人の小林選手です。

野球神社⛩

明けましておめでとうございますm(_ _)m

今年もよろしくお願い致します。



元旦は実家に行って飲み過ぎてしまいました😱😱😱


今日は東松山市にある箭弓神社(やきゅうじんじゃ)に嫁と初詣に行きました。



去年は手術後という事もあり行けませんでしたが、今年はしっかりとお詣りをしてきました。



箭弓神社とは

「やきゅう」という音との縁で、プロ野球をはじめとする野球関係者が多く参拝する事でも知られている。特に、同じ埼玉県内の所沢市に本拠地を構える埼玉西武ライオンズの選手が頻繁に訪れる。また、これに因んで「バット絵馬」「ベース絵馬」等が頒布されている。

箭弓稲荷神社周辺の地名は「箭弓町(やきゅうちょう)」といい、同神社に由来しているそうです。



高校球児や野球少年達が沢山きてました。

私もチームの躍進と病気や怪我をしないで過ごせるよう祈念してきましたよ😌😌😌

球団再編

レッドシャークスが、所属している東村山市少年野球連盟連盟でも年々子供の数が減ってきています。


今15球団あるのですが、近い将来1〜2チームぐらい減りそうです😰😰😰


連盟でも少し動いて欲しいのですが・・・


今回はお隣の小平市のお話。


小平市では、今年2チームが合併して小川ベースボールクラブが発足しました。


そして来年3チームが合併して小平ライオンズが出来ます。


笹川スポーツ財団が発表している、「この一年に子供が実施したスポーツ統計」において、野球は昨年の2位からバスケットに抜かれて3位に転落しているそうです。

1位のサッカーに20%も差を空けらるなど、子供にとって「やりたいスポーツ」としての存在感が薄くなってきてます。


でも高野連の発表によると、高校球児の人数は増えているんだよな〜


我がレッドシャークスも、まだ人数が揃っていて心配はありませんが、減って来たら考えなくてはいけませんね。

減らないようにしなければなりませんが・・・


今年もいろいろありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。m(_ _)m