Field of Dreams

レッドシャークスは東村山市少年野球連盟に所属する少年野球チームです。
創部以来「元気に楽しい子供たち」をモットーに日々練習に励んでいます。


&監督の日々のつぶやき

投手の寿命はアイシングに、かかっている

投手陣と捕手は、試合が終わった後にアイシングをしています。

捕手も投手の次に肘の故障が多いですから、つい見逃しがちですけど、しっかりアイシングをしましょう。


私も投手の経験があるので、試合後にアイシングをするのと、しないのとでは身体への負担が全然違うのを知っています。

息子の時からやっていましたね😑😑😑


(アイシングをすると次の日は、肩がやたら軽いのを覚えています)
特に連戦が続く時は、絶対やってほしいですね。


アイシングの方法としては、十分な冷却効果を得るためには運動後なるべく早く(5~10分以内)開始することが大切で、時間が経過するほど効果は低くなります(受傷後8時間以上経ってから行った場合には、ほとんど効果は得られないとされています)。


肩に直接当たらないように氷嚢をあてます。5~10分程度そのままにあてておきます。(ずれないように))


・冷え初めて灼熱感を感じ、しばらくして次にうずきがきます、この疼きが来るまで我慢します。


疼きの後”無感覚”状態になったら即刻止めます。(凍傷予防には、ここで止めるめるのが肝心)



冷やす事の弊害もありますが、球数を投げているのなら、しっかりアイシングをしましょう。




今週末も雨のせいで、連戦になってしまいました。


投手陣は5年生も含めてスクランブル体制です😤😤😤

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。