Field of Dreams

レッドシャークスは東村山市少年野球連盟に所属する少年野球チームです。
創部以来「元気に楽しい子供たち」をモットーに日々練習に励んでいます。


&監督の日々のつぶやき

う◯この話

レッドシャークスの選手の中には「食べても太れない」


ママたちも「何を食べさせたら大きくなるのか?」と悩む人も多いと思います。


うちの子達も、いくらたべても太らず食事が終わらないうちに、う〇こをしに、よくトイレにいってました。

もったいないから、う◯こは我慢しろ〜


なんて冗談で言っていました。


ある書物の中に、食べることの前に出すことを考えようと書いてありました。


最近のスポーツ栄養の研究では「摂取」だけでなく、「排出」が注目されているようです。


せっかく沢山食事を摂っても、お腹を壊してしまっては、元も子もありません。


子供は内臓が未発達で、上手く消化吸収が出来ないことがあるそうです。


野球の練習と一緒で、内臓も鍛えられます。


この本の中には、やはりよく噛むことが重要と書いてあります。


アスリートにとって噛む力は大事。かむ力は踏ん張る力となり、競技の上達にもつながります。


あと腸を強くする訓練の為には、食物繊維が大事なようです。


お米やパンなど、体を動かす役目の炭水化物も重要ですが、成長のためや免疫力アップのため、そして筋肉や骨を強くするためには、タンパク質が重要です。


動物性と植物性の両方を意識してとることが大切なことは意外と知られていないかもしれません。

そこでおすすめなのが豆製品です。


「動物性たんぱく質は吸収が悪くなりがちで、便秘になりやすいこともあります。一方、植物性たんぱく質である豆製品は食物繊維が多く、これを腸が餌にしてエネルギーをつくることが最近の研究で明らかに。納豆、豆腐、みそ汁、きな粉、枝豆、豆乳などを毎食取り入れましょう。枝豆は疲労回復効果のビタミンも豊富です」


冷凍枝豆なんか、結構美味しいですよね。

ビールのお供に私も食べています。



子供達を見ていると、体の大きな子は腸も丈夫なようです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。